幅広く使われるautocad

機械関係や土木関係、そして建築分野などに幅広く使われているのがautocadです。autocadが1982年の発売以来、汎用CADとして多く利用される理由は、安くてしかも軽いからです。専門分野に特化したCADはとても便利ですが高額なものが多く、中小企業にとっては資金的に難しいものがあります。それに比べautocadは、3Dを使った立体的な描写やアニメーションが可能なビジュアライズやドキュメント化、それからプログラミング言語をカスタマイズできるところなど、汎用CADとしてとても優れている上に安価で導入できます。これまで考えられなかったようなアイデアを形作ったり、もっと深く探り出すことが可能なのです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト