知名度が高いCAD利用技術者試験の意味

CAD資格を取得するにあたり、特に有名な資格は「CAD利用技術者試験」になります。CAD利用技術者試験は1級と2級があり、2級は筆記のみ、1級は筆記と実技試験になります。ちなみに実技試験は、与えられた図をCADを使って作成していく、というものになります。CADに限った話ではありませんが、医師免許などは除き、資格よりは実務を重視されることのほうが圧倒的に多くなります。そうすると、資格取得は無意味なのかと思うかもしれませんが、逆に言うと、どの程度の実力を持っているかを、資格によって客観的に判断できるとも言えるのです。同じキャリアを持っているものの、一人は資格保持者となれば、実力のアピールとなるのは間違いありません。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト