設計・製図のスタンダートソフトになったautocad

cadとは、設計・製図の作業をコンピュータを利用して行うこと、またはそれらの機能を組み込んだシステムのことをいう。簡単に言えば、コンピュータの支援による設計・製図のことを指す。1960年代から普及し始め、最初は機械設計の分野から発展した。現在では、機械設計・建築設計・土木設計など各種設計業界で広く使用されるようになった。 autocadは、cadの汎用ソフトの一つである。2次元や3次元での設計や製図を可能とした。3Dでの立体的な画面描写やアニメーションにも優れた機能をもつ。標準的なデータファイルは、DWD形式になる。VBAやautolispなどのプログラミング言語を活用したカスタマイズができることも特徴である。また、廉価版であるautocadから3D機能などを除いたソフトも広く利用されている。autocadは、各種設計業界でシェアの上位を占め、今後もシェアが拡大していくとみられる。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト