通信講座でも見かけるautocad

CADというと、専門的なソフトで操作がとても難しい特別なものというイメージが何となく付きまといますが、そもそもは設計者の作図を補助するために作成された便利な道具になります。つまり、設計の仕事に携わってるのならCADの操作も当然出来ますし、それは逆に言うと誰でも普通に使えるソフトであるともいえるのです。CADはパソコンを利用しての製図ソフトなのだから、パソコン自体を触ったことが出来るのならば、誰もが扱えることが出来るのです。CADソフトで、様々な業界を問わずに広く利用されているのが「autocad」という有償ソフトになります。そのため、通信教育などの講座でもこのautocadを取り扱っている講座が多数あります。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト