autocadでは電卓を使用せずに計算できる

autocadでは、長さや角度などの数値を入力する際に、電卓を使用しなくてもコマンドラインで計算を行う事ができ、その結果を入力値に反映する事ができるコマンドがあります。それは「CAL」コマンドで、このコマンドは四則計算だけでなく、関数電卓の様に計算する事も可能です。キーボードより式を入力し、エンターキーを押すと計算結果がコマンドラインに表示されます。基本的には全て半角で入力し、かけ算は「*」、割り算は「/」、べき乗は「∧」を使用します。関数はsinやcosなどが使用可能で、CALコマンドの後に「cos(60)」と入力してエンターキーを押せば「0.5」と帰ってきます。複雑な計算でない限りは、十分使用に耐えうるので使いこなせば作業効率は上がる事でしょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト