autocadで鏡文字するにはMIRRORコマンドではダメ

autocadでオブジェクトを反転するのには、「MIRROR」コマンドを使います。しかし、この「MIRROR」コマンドでは文字を反転しても文字自体が反転せず鏡文字にする事はできません。一体どうすれば良いのでしょうか。こういった場合には「MIRROR」コマンドではなく、システム変数の「MIRRTEXT」の設定値を変更して鏡文字にしなければなりません。実際にどうするのかというと、まずコマンドラインに「MIRRTEXT」と入力してエンターキーを押します。すると「MIRRTEXTの新しい値を入力」と返してきます。初期設定値では「0」になっていますが、そこに「1」と入力すると文字が反転して鏡文字が作成できます。ですから、鏡文字を作成する際には「MIRROR」コマンドではなく、「MIRRTEXT」を使用しましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト