autocadとautocad LTの違い

autocadには汎用バージョンと簡易バージョンがある。簡易バージョンはautocad LTと呼ばれている。

この2つのバージョンの大きな違いは3次元CAD機能が使えるか使えないかである。3次元CAD機能とは、2次元CADで作成した機械部品や建築物の設計図を立体図形として表示する機能である。製造メーカーでは、3次元CADで作成された立体図形を設計図だけでなく、マニュアルなどにも使っている。その他の違いとしては、簡易バージョンでは外部プログラムとの連携が使えないなどがある。汎用バージョンは簡易バージョンに比べて高価であるので、機械部品や建築物の設計図の作成だけにしか使わないのであれば簡易バージョンで十分である。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト