autocadについて

近代において、2次元であるautocadは設計者のみならず使えて当たり前のものになっている。2次元のautocadのみであれば正社員の必要性は少なくなり、アルバイトで十分なことも多く、アルバイトの求人も探せば結構ある。団塊世代の時代であれば、cadオペレーターという専門で稼げたが、cadも普及し操作性も向上しているため、特別なことでない限りはアルバイトで十分というところである。3次元cadはまだそこまでいかないが、このさきアルバイトで十分となっていくだろう。今後、エンジニアでやっていく人は若いうちからcadに慣れて、2次元ぐらいはある程度使えるようにしておく必要がある。cautocadのソフトは2次元であればそんなに高くないものもあるが、低収入者や生活保護世帯などにとっては容易に手に入る価格ではないのが現状である。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト