autocadのグリップ編集

autocadでは、コマンドを実行していない状態で図形をクリックすると、青いグリップが図形に表示されます。

そして、この青いグリップをさらにクリックすると赤くなり、赤くなったグリップを使って直接図形の編集が行えます。例えば、円の図形が図面上にあるとします。この円をクリックすると、円周上の四方向と中心に青いグリップが表示されます。この時に、中央のグリップを再びクリックすると青から赤にグリップが変わり、その状態でカーソルを動かすと移動コマンドを使用しなくても図形の移動が可能になります。それと同様に、円周上のグリップを操作すると円の大きさを変える事が出来ます。また、グリップが赤くなった状態で右クリックを行うとショートカットの一覧が表示されます。簡易な編集にはもってこいの機能なのでぜひ使ってみて下さい。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト