autocadのマーカー表示

同じ作業を繰り返して行っている時に、どこまで作業が完了しているか、印がつけられると便利です。autocadには、この様な機能があり、クリックした点に小さな十字マーカーを付けることができます。この機能があれば、作業の進歩状況も確認できますのでスムーズな作図が行えます。また、この十字マーカーは、印刷されないので作業完了後に消す必要もありません。十字マーカーを表示するには、コマンドウィンドウに「BLIPMODE」と入力してエンターキーを押します。すると、「モード入力」と返してきますので、「ON」と入力してエンターキーを押せばマーカーが表示されます。なお、画面の十字マーカーを消したい時は、「REDRAW」(再描画)コマンドを実行すれば消す事ができます。作図の効率を上げる一つの方法ですので試してみて下さい。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト