autocadの寸法線の起点

autocadの寸法線は、起点・寸法値・矢印・寸法補助線などの複数の要素が集って1つの寸法オブジェクトを構成しています。

寸法線の「起点」は、一般的なオブジェクトの「基点」や「目的点」とは異なり、オブジェクトの「基」になる点ではなくて寸法を計測する為の定義点になっています。ですから、1つ寸法オブジェクトには2つの「起点」があり、その「起点」は点のオブジェクトとして存在しているのです。どの画層で寸法線を作成しても、この「起点」だけは「Defpoints」という画層に作成されます。この画層は、寸法線を作成すると自動的に作られる画層で、この中に「起点」が格納されます。ただし、画面上で表示されていても印刷される事はありませんので心配はいりません。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト