autocadはバックアップファイルがあればある程度復元できる

autocadで作図中にパソコンが動かなくなってしまったり、停電などでファイルの保存が行えなかった場合でも、バックアップファイルがあれば、ある程度ファイルの復元を行う事が可能です。バックアップファイルには2種類あり、作図中に随時保存されている自動保存ファイルと、上書き保存を行ったときに前回に保存したファイルをバックアップしたファイルがあります。バックアップファイルは後者のほうで、拡張子が「.bak」になります。「.bak」のファイルはDWGと内容は同じなので、拡張子を「.dwg」に変える事で図面ファイルとして開く事が可能です。しかし、バックアップファイルが作成された後の作図は復元できないので注意が必要です。もし作図中にファイルにトラブルがあっても対策はあります、慌てずに対処しましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト