autocadを仕事で扱う時に大事なこと

autocadを扱う仕事では、知識が多ければ多いほど良い様に感じます。それは、図面の完成度にも後々は繋がってくるからです。

特に、サイズを表す記号に関しては完成図に多大な影響が出るので、正しく理解して図面にする必要があるのです。依頼する側は、出来て当たり前と思って依頼してくるので、依頼する側が持つ知識と同等か、それ以上の知識を受注側が身につけておくことが出来れば、尚良いです。場数を踏んで作業に慣れたとしても、出来れば不明な箇所は都度確認を取るか調べるかして、納期より早めに仕上げて仕上がりを確認してもらうなど、自分で出来る注意は怠らずにいたいものです。そして何よりも、信頼関係に関わってくるので、同じ失敗を繰り返さないことが大事なのです。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト