autocadを取得し就職活動にアピールしよう

現在、企業の殆どがパーソナルコンピュータを使用し仕事を行っている。製造業ではものづくりをしているため、製品・部品の図面を描くことが多い。昔は製図版に向かい、定規、コンパス、分度器、電卓等を使い時間を掛け、図面を描いていた。しかし、現在では、autocadがあるため、時間が短縮されている。その分納期も短縮されているが。学生のうちにautocadの資格を取り、就職活動の面接にでもアピールできるし、就職後にその実力を発揮すれば、上司からも評価が上がるし、同期からも注目されることでしょう。企業に入ってからですと、中々時間が取れなく、途中で挫折する可能性が高いので、学生である今の段階での取得を進めます。将来の自分のためにautocadを取得しましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト