autocadを図面ファイル以外で書き出す方法とそれぞれの特徴

autocadを図面ファイル以外で書き出す方法は2種類あり、1つはオブジェクトを書き出しコマンドで書き出す方法と、PDFなどで仮想プリンタを使用し書き出す方法があります。書き出しコマンドの方法はBMP、JPEG、PNG、TIFFで書き出しができます。BMP、JPEG、PNG、TIFFで書き出しすると、作業領域の背景色がそのまま書き出し画像の背景色になります。コピーした場合と解像度が同じになるので、印刷するとジャギーが目立つ場合があります。仮想プリンタでの書き出しは、EPS、ラスター形式、PDFで、EPSは印刷業会で使用される形式で奇麗に印刷できます。ラスター形式はBMP、JPEGなどの画像ファイルで、コマンド書き出すより細かな設定ができます。PDFはベクトルデータでの書き出しなので、グラフィックソフトでの編集が行えます。書き出しする際は、それぞれの特徴をいかして利用しましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト