CADが利用されている業界とautocadについて

CADとは、製図を支援するためのプログラムのことを指します。CADを利用しているのは主に建築・機械・電気などの設計に携わる部署になります。CADは建築関係の図面引きからコンピューターの回路図の作成などに利用されていることから、さまざまな分野で幅広く使われているのが分かります。CADを利用するメリットとしては、何と言っても製図をパソコン上で行うために、データの管理が容易であり、またシミュレーションが出来るなどの点を挙げることが出来ます。CADのソフトで有名なものとしては「autocad」を挙げる人がたくさんいると思います。それはautocadが業界を選ばず広く利用されていることの裏付けであると言えます。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト