CAD利用技術者試験を受けてCAD資格を取ろう

CADは設計を支援してくれるコンピュータソフトで現代の図面設計には欠かせないもののひとつです。実際に仕事などでCADを使用している人は、自分の実務に対しての裏づけのひとつとしてCAD資格を習得しようとしている人も多いです。CAD利用技術者試験という民間系の資格があって毎回多くの人が試験を受けています。仕事でCADを利用している人にとって、CAD利用技術者試験は基本や応用をキチンと理解しているのかを確認するのに丁度良いですし、CAD資格を習得する事によって仕事上自分のCADについての理解度を説明する手間を省いてくれます。CAD利用技術者試験の合格基準は、それぞれの当級の各分野5割以上と総合で7割以上で合格できます。

知名度が高いCAD利用技術者試験の意味

CAD資格を取得するにあたり、特に有名な資格は「CAD利用技術者試験」になります。CAD利用技術者試験は1級と2級があり、2級は筆記のみ、1級は筆記と実技試験になります。ちなみに実技試験は、与えられた図をCADを使って作成していく、というものになります。CADに限った話ではありませんが、医師免許などは除き、資格よりは実務を重視されることのほうが圧倒的に多くなります。そうすると、資格取得は無意味なのかと思うかもしれませんが、逆に言うと、どの程度の実力を持っているかを、資格によって客観的に判断できるとも言えるのです。同じキャリアを持っているものの、一人は資格保持者となれば、実力のアピールとなるのは間違いありません。

CAD利用技術者試験を受けてCAD資格をゲットしよう

製図板に製図用のシートを敷いて図面を書くという時代から、現在はコンピュータを使用して製図をディスプレイ画面上で仕上げるというように変化しています。CADユーザーのスキルがどれだけの力量であるのかをはかる試験が、CAD利用技術者試験です。CAD利用技術者試験は、CAD技術の普及と高度化を目的とした資格試験です。CAD資格を取得した暁には、就職活動や転職活動に有利に働くのではないでしょうか。CADを系統立てて学びたいという方や、CAD資格の受験対策としてCAD利用者試験の通信講座を利用するのは良い方法の一つです。業務で使用されているソフトウェアは、高機能・多機能であるがゆえ高価ですが、学習というレベルであれば、フリーソフトのCADソフトがインターネット上に公開されているので利用されると良いでしょう。通信講座と合わせて学習されると、よりCADへの理解が深まるでしょう。

CAD資格として有名なCAD利用技術者試験

CADとはコンピュータ支援設計のことです。従来人の手によって行われていた設計作業をコンピュータの支援機能を使って効率良く作業を行うことが出来ます。主なソフトウェアにはAUTOCADやJWCADなどがあります。 CAD資格として有名なのが社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会が主催する「CAD利用技術者試験」です。AUTOCADやJWCADに対応しており、CADを利用した知識やスキルの修練度が一定のレベルに達しているかを評価・認定する試験です。試験はインターネットを利用した基礎試験と、機械・製造系の3次元CADの知識と技能を問う3次元試験、2次元CADを利用する上で必要な知識を問う筆記試験を行う2級試験、筆記試験と実技試験を行う1級試験があります。

CAD資格のCAD利用技術者試験

CAD資格であるCAD利用技術者試験は基本的には過去問の問題集はあまり頼りになりません。というのも、過去問が出題されることは非常に稀で、同じような文章であっても回答が全然違うということがあるからです。また、CADの知識はもちろんのことパソコンやネットワーク関連の知識も把握しておく必要があるのは言うまでもありません。もしあなたが資格取得のみを目標とせず、結果的には何か仕事に役立てたいという考えをお持ちであれば、今一度受験するかどうかを考え直したほうがいいと思います。もちろん、CADに関する仕組みや制作を行う上で必要なスキルは資格取得とともに身につきますが、資格というものは基本的に時間をかけて取得するものなので、本当に必要なのかどうかの見極めも大事だと思っています。

CAD利用技術者試験を受けて、CAD資格を取ろう

民間であるけれど、手に職をつけるにはとても役に立つ資格をしてCAD利用技術者試験があります。筆記試験と実施試験で構成せれていますが、実際にCADを使ったことのある人なら、さほど難しくない試験であると思います。CAD利用技術者試験には、1級と2級があり、CAD資格を取れば就職に有利で、将来的にも技術職として安定した収入が得られると思います。しかもとても根強く人気のある職業だと思います。場合によっては、在宅でも出来るメリットもあり、幅広く出来る資格がこのCAD資格だと思われます。CADの種類は2次元と3次元があり、今は、3次元の方が需要が少なく、求められている人材なので、これからCADを始める方は3次元の方がおすすめだと思います。

CAD利用技術者試験に合格することにより得られるCAD資格で、転職活動を有利に進める

CADオペレーターとして業務に長く携わり、キャリアを積んでいるのでしたら、是非CAD利用技術者試験を受験してみることをお勧めします。「キャリアがあるのだから、今さらあらためてCAD資格を取得しても」とお思いかもしれませんが、実績があるからこそ、それをきちんと証明したいと思いませんか。試験に合格して資格を得るということは、ただ実績があると言うよりも、周囲に対してその実力をより客観的に説明できるというものです。それは転職を考えている場合でしたら、十分アピールできますし、日々勉強しスキルアップを怠っていないという前向きな姿勢は、面接の担当者にも好印象を与えることになり、転職活動をより有利に進めることが出来ます。